TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

性と性教育の相談Q&Aシリーズ

第三回 射精(しゃせい)ってなんだ?

Q:射精(しゃせい)ってなんだ?
A:私たちのからだが、おとなになる目安(めやす)の一つは、男の人の場合は射精です。初めての射精を精通(せいつう)といいます。からだが精子(せいし)(男の人がつくる命(いのち)のもと)をつくり始めたしるしです。
 精子は精巣(せいそう)(キンタマ・コウガンはあだ名、タマタマは赤ちゃん語よね)でつくられ、輸(ゆ)精管(せいかん)という管(くだ)を通り、精液(せいえき)に守られながら、尿道を通って尿道口からからだの外へ出てきます。ネバネバした液体です。
 「エッ?精子はオシッコと混ざらないの?」だいじょうぶです。途中に とてもきびしい交差点(こうさてん)のようなところがあって、精子とオシッコは決して混ざらないのです。
 射精は快感(かいかん)(いい気持ち)と共に起こります。射精は四つのパターンで起こります。一つは性交(せいこう)の時に起こります。自分で性器(せいき)をさわっている(自慰(じい)といいます)時にも起こることもあります。眠っている時にも起こります。夢精(むせい)といいます。もう一つは遺精(いせい)です。これは人によって経験する人もしない人もいるようですが、高いところから飛びおりたり、突然に後から強く押されたりした時に射精が起こることがあります。
 夢精を病気だと心配する人もいますが、これも自然に起こる生理現象ですから、安心してください。
 これは男の子に限ったことではありませんが、からだがおとなになる、男の子なら精通を迎える前までに、女の子なら初経を迎える前までに、自分の下着は自分でしたあらいをして洗濯機に入れるという生活の習慣を身につけておくことは大切です。したあらいまでしなくていいと考えるお家なら、洗濯機のそばやお風呂に水をはった小さなバケツが一つ用意されていると、その点、何かと便利ですね。
 じゃ、また来月に!

 Q&Aシリーズ一覧を見る  戻る