TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

橋下徹発言に抗議する

■ 日本維新の会橋下徹共同代表(大阪市長)の・・・
 日本維新の会橋下徹共同代表(大阪市長)の「慰安婦は必要」発言に端を発し、次々とその本性が暴露される発言が続いています。日本軍「慰安婦」にさせられた人々をはじめ、全女性、そして男性に対しても、人権や尊厳を踏みにじる考え方が露呈されています。
性教協として看過できない事態であると判断し、橋下氏に対し、発言の撤回と謝罪を求める以下の抗議文を5月17日に送付しました。

人間の性の尊厳を踏みにじる橋下徹発言に、
         満身の怒りを込めて抗議する

■ 日本維新の会の共同代表であり、大阪市長であるあなたは、・・
 

 日本維新の会の共同代表であり、大阪市長であるあなたは、日本軍「慰安婦」(戦時性奴隷)問題について、「慰安婦制度というものが必要なのは誰だってわかる」と発言しました。
まず言っておきたいことは、あなたは「誰だってわかる」と言いましたが、科学と人権に基づく性教育をすすめる私たちにはまったくわかりません!まして国内外の多くの人々のいのちと生活を犠牲にした戦争において、女性の性を蹂躙してきた「従軍慰安婦制度」が「必要であった」という発言は断じて認めることはできません。満身の怒りを込めて抗議するものです。

 あなたの発言は、人間の苦しみや人権を踏みにじられた人々への敬意と想像力がまったく感じられないばかりか、国家の政策には個人の尊厳を従属させても許されるという姿勢を明言したものです。「従軍慰安婦制度」のもとで、犠牲になった人々に対して、その尊厳を踏みにじり傷口に塩をすりこむ発言であり、断じて許すことはできません。
人間にとっての性は、人間の尊厳の中核にあるものです。人間の尊厳とは、一人ひとりの人生や暮らしにとってかけがえのない価値そのものです。「従軍慰安婦制度」=戦時性奴隷の実態は、まさにかけがえのない一人ひとりの人間の性の尊厳を、戦争遂行の名のもとに踏みにじることを制度化したものです。戦時体制であれば、国家が何をしても国民は従えというあなたの政治姿勢をあらわにした発言であり、憲法9条改悪発言にみられる戦争をできる国づくりにまい進する政治信条が歴史の事実の評価を通してより明確になりました。
「従軍慰安婦制度」が必要だったという発言は撤回すべきことを強く求めます。

 さらにあなたは5月1日に米軍普天間基地を訪問した際に、司令官に「風俗業を活用してほしい」と発言しました。この内容は「慰安婦制度」は必要だとする考えを現代にまで適用・延長した発言です。この「風俗業」活用発言と「慰安婦制度」必要発言は、人間の性の尊厳と女性の人権を踏みにじり、戦争体制を肯定するという点で思想的源泉を一にしたものです。
橋下発言に対して、「司令官は凍り付いたように苦笑いになってしまった」と言い、さらに司令官に対して「性的なエネルギーをある意味合法的に解消できる場所が日本にあるわけですから、もっと真正面からそういうとこを活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできないじゃないですか。建前論じゃなくてもっとそういうところを活用してくださいよ」とさらに食い下がり、「『もうこの話はこれ以上やめよう』と打ち切られた」と、何の躊躇もなく公表しています。
在沖米海兵隊員の「性的エネルギー」解消に風俗業を活用するように勧めた橋下発言は、性暴力の理由を事実上肯定し、女性を道具としてみる、女性の人格と人権の全面的な否定であり、男性の性をも自己抑制不能として侮辱するものです。さらに米軍基地の押しつけのもとで暮らさざるを得ない沖縄の住民に対してその苦悩への何らの理解のないことも露骨に示すものです。
そもそも風俗店に行けば性暴力が減少するという根拠は何もありません。
1995年の沖縄の少女暴行事件で、加害米兵に対し、「犯行に使用した車を借りる金があれば女(性売女性)を買えたのに」と暴言を吐いた当時の米太平洋軍司令官は、県民の怒りの批判を受けて、辞任しました。戦時中であるなしにかかわらず、女性を男性の「性的エネルギー」解消の道具として使うことを積極的に肯定する姿勢には人間性のかけらも感じられません。

 私たちはあなたの、人間の性の尊厳を踏みにじり、両性の平等と権利を否定する発言に抗議し、今後も性的自立と共生をはぐくみ、性的に豊かで幸せな人生を誰もが送れる社会になることをめざして、性教育の実践と研究を通してアプローチしていく決意です。

あなたには国民の幸せをめざすべき公党の代表としても、「住民の福祉の増進を図る」(地方自治法第1条の2)ことを使命とする自治体の首長としても、まったく資格がないといわざるを得ません。
上記の暴言を撤回し、謝罪することを強く求めるものです。

2013年5月17日

一般社団法人 "人間と性"教育研究協議会 代表幹事会
浅井春夫 佐藤明子 関口久志 中野久恵

戻る