TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから

なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら




<NEWS!>
※第97号から新刊のみですがAmazonでも購入できるようになりました。以下のURLよりお買い求め下さい。
 季刊SEXUALITY 100号
   100号読書会のお知らせ
 
 季刊SEXUALITY 101号
「ZOOM」を使ったオンライン会議も増えてきているようですが「ZOOM」の背景に設置していただけるような背景画像をご用意しました。
ダウンロードしてご自由にお使い下さい。
(クリックして表示された画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」などをクリックすると画像をダウンロードできます)
 SEXUALITY ZOOM背景画像 




第100号 人権を基盤とした包括的性教育を!
   〜創刊100号をあらたなスタート地点として〜

特集 人権を基盤とした包括的性教育を!
    〜創刊100号をあらたなスタート地点として〜
■特集にあたって
  水野 哲夫

【総論】
■科学・人権・自立・共生の理念を貫いてきた『季刊セクシュアリティ』
   浅井 春夫

【座談会】
■『季刊セクシュアリティ』のこれまでとこれから
  村瀬 幸浩、水野 哲夫、田代 美江子、渡辺 大輔

【論考】
■子どもと時代のニーズに応える性教育〜実践の背景にある子ども・若者の現実〜
  金子 由美子

【コラム:心に残った号】
18「性教育のキーワード50」、72「性教育実践のためのキーワード51」 大江 亜紀子
81「法の中の性、そして性教育」 白澤 章子
55「今日もおいしい! 性のレシピ」 塚原 百合香
45「性教育実践2010」、95「性教育実践2020 〜包括的性教育に向かって〜 今仁 美哲朗
01「10代の性はいま」 脇野 千惠
32「それってデートDV!? 気づきと防止のために」 西 桂子
72「性教育実践のためのキーワード51」 高山 みつる
74 No86「DV加害者と向き合う 松林三樹夫」  城 英介
61「見落とさないで!『性的いじめ』」 村末 勇介
59「『いのちの学習』を問い直す」 菊池 準子

【対談】
嵐の中を歩んで、今。そして未来へ
  今仁 美哲朗、越 安子  編集:水野 哲夫

【実践分析総論】
『季刊セクシュアリティ』100号突破20年と性教協40年の性教育実践
  関口 久志

【実践を振り返る】
性教育の中の「関係性」〜ジェンダーの理解と暴力に関する実践を通して〜
  渡辺 大輔
性教育と「いのち」をめぐる教育〜いのちの在りかとしてのからだ〜
  艮 香織
社会の中の性の観点から〜「家族」に関する実践を通して〜
  伊藤 修毅

【コラム:『季刊セクシュアリティ』と現場】
[実践(中学)]実践のための確かな情報の源
  篠原 美香
[実践(高校)]『季刊セクシュアリティ』、私のおいしい活用法
  楢原 宏一
[実践(大学)]「企画展示『季刊セクシュアリティ』」と「それまで」と「その先」
 ―ある地方都市の大学における、
   地味で長いジェンダー・セクシュアリティを考える取り組みの中で―
  前田 由美子
[実践(大学)]性教育から遠ざけられている女子学生たち
  北原 零未

【連載を振り返って】
『季刊セクシュアリティ』の連載記事を概観する
  水野 哲夫
イギリス連載企画を振り返る
  広瀬 裕子
14年間の二つの連載を振り返って
  針間 克己
連載企画を振り返って〜これからに望むこと〜
  小森 淳子
共に学び、笑い、語り合う力を信じて
  富塚 直美
実践で拓ひらく、実践でたたかう 障害児・者性教育の歩みと今後に向けて
  永野 佑子

【『季刊セクシュアリティ』創刊100号に寄せて】
創刊当初のこと、そしてこれか
  小宮 明彦
『季刊セクシュアリティ』からもらったもの
  高橋 裕子
さらに光を強めて
  虎井 まさ衛
30年を振り返って
  樋上 典子
荒波に耐えて
  橋本 紀子
常に学びの軸であり続けて
  河野 美代子
フェイク・ニュースの「防波堤」
  加藤 秀一
私の大切な学びの場所
  中島 かおり
多彩なつながりに感謝
  宮崎 豊久
プライベートゾーンは自分を守る。性教育を守る。
  高橋 幸子

 

戻る