TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

『季刊セクシュアリティ』最新刊 4月増刊号

『季刊セクシュアリティ』は性教協の機関誌ともいえる人間と性をめぐる教育と文化の総合情報誌です。豊富な資料やデータの検討、さまざまな実践授業の紹介をしています。性教育のテキストとして、或いは読み物としても充実しています。
ぜひ定期購読をおすすめします。
定期購読のお申し込みはこちらから
※申し訳ありませんが、バックナンバーのみの販売はいたしてしておりません。バックナンバーは定期購読とともにお求め下さい。
なお、性教協の「夏期セミナー」や「理論と実践講座」などのイベント会場でも定期購読の申し込みやバックナンバーの購入ができます。
『季刊セクシュアリティ』は4月増刊を含めて年5回(1・4・7・10月各15日)エイデル研究所によって発行されています。購読料は通巻号各1,500円、増刊号1,800円で年間購読料は7,800円です(税込み・送料はエイデル負担)。

バックナンバーはこちら

第90号 障害のある人たちの包括的セクシュアリティ教育

障害のある人たちの包括的セクシュアリティ教育
特集にあたって 伊藤修毅

◎座談会
縦横無尽、自由に語り合った
「友だち」「恋人」「結婚」「仕事」「性」「障害」、そして「社会」

◎総論
障害者権利条約とセクシュアリティ 伊藤修毅

◎実践
もっと教えてほしい!
 〜放課後等デイサービスでの「こころとからだの学習」〜 植元あゆみ
  実践解説◎ここに注目しました 星野 恵

◎実践
価値観、権利、文化、セクシュアリティ
 ー当事者として語り合おう、学び合おうー 小森淳子
  実践解説◎ここに注目しました 艮 香織

◎実践
トランスジェンダー当事者の語り
 僕が僕として生きるために れん
  実践解説◎ここに注目しました 田代美江子

◎実践
性教育が優しさの花を咲かせていく
 〜こころもからだも大きくなっていく自分を実感できた小学部高学年3年間のあゆみ〜 里山 緑
  実践解説◎ここに注目しました 浅井春夫

◎実践
デートについて一緒に考えよう 徳永桂子
  実践解説◎ここに注目しました 渡辺大輔

◎実践
幼児期におけるいのちの教育〜支援の必要な児、家庭と共に〜 千藤さやか
  実践解説◎ここに注目しました 中野久恵

◎実践
ふつうの場所でふつうの暮らしを〜結婚推進室「ぶ〜け」の取り組み〜 松村真美
  実践解説◎ここに注目しました 水野哲夫

◎実践
性交・避妊・性感染症〜高等部3 年生に贈る性教育の最終章〜 岡野さえ子
  実践解説◎ここに注目しました 渡辺大輔

◎実践コメント
障害児・者の教育・支援の視点から 伊藤修毅

◎コラム
大切です、性器の名前
 おちんちん おちょんちょん は どう?! 永野佑子

◎論文
障害児の性教育実践の基礎理論 児嶋芳郎

◎論文
子どもをつくる権利を奪われた人たち
 ―優生保護法下、強制優生手術をされた人たちの実像― 船橋秀彦

◎論文
知的障害のある人の「親ばなれ子ばなれ」と「性と生」の学び 松本和剛

◎報告
マスターベーションの価値と支援 佐藤雅信

◎報告
性を学ぶということ 大森 梓

◎報告
韓国における障害児・者の性教育 朴 惠貞

◎報告
中国における障害者の性への認識 張莉

◎資料
第36回全国夏期セミナー基調報告
 一人ひとりが心とからだの主人公に!〜みんなで学ぼう性と生〜 皆川あかり

 

戻る