TOP| 更新情報| イベントの紹介| 性教協の紹介| 性教育関連資料| 性の相談| リンク| メンバー

都教委への申し入れ報告

11月28日(水)都教委への申し入れ

一般社団法人"人間と性"教育研究協議会定期総会決議(2018年11月28日)

  • 9時25分〜55分 都庁第一本庁舎25階107会議室にて
  • 出席者:性教協代表幹事浅井春夫、中野久恵、水野哲夫(敬称略)、賛同団体としてNPO法人「ピルコン」代表理事の染矢明日香さんの4人。教育庁から体育健康教育担当課長堀川氏をはじめ4人。
  • 性教協の「提言」(日本家族計画協会、公益財団法人ジョイセフ、NPO法人ピルコンが賛同)をもとに、浅井が説明し、意見と要望を伝え、質問。
  • 特に、作成過程の公開、「議事要旨」ではなく議事録の公開、幅広い知見を集めるべき、という点を強調。
  • 堀川氏から、全般的な答えがあった。
  • 「公開は難しい。自由な発言をさまたげることを考慮して、議事録は公開していない。作成委員会は2回行った。ワーキンググループはそれ以外にも開き、メールでのやり取り等をしている。時間が足りなければ回数を増やすかもしれないが、来年度までには完成させる」「児童生徒が適切な意思決定を行うことができるようにするというのは私たちも考えていること」(要旨)
  • 浅井からあらためて「ぜひとも作成過程の公開を。『ガイダンス』を学んで。次回申し入れはぜひ1時間とってほしい」と要望。
  • 終了後、資料やネット署名等を堀川課長に渡す。
 
 

包括的性教育を求めるその他の声明、提言等

 

戻る